防虫(HACCP対応)

明るい照明を虫にだけ暗く見えにくくして、飛来する虫を大幅に減らす透明防虫フィルム。

屋内のあかりを目掛けて飛来する虫は、照明から出る近紫外線領域の光に引き寄せられています。
近紫外線領域の光は人の可視光領域に隣り合っているため、一般的な防虫照明やフィルムなどを使用すると、人の目には黄緑色がかって不自然な見え方になってしまいがちでした。

ムシクリアー™ 防虫フィルムは、虫が反応する近紫外線を含んだ紫外線領域だけをシャープにカットして虫を引き寄せにくくします。人の可視光はカットしないので透明で自然な感じを保てます。
さらに、JIS規格の飛散防止性能を併せ持つので、地震や物の衝突でガラスが割れても安全です。
飲食店、コンビニエンスストア、スーパーマーケットなどをはじめ、マンションのエントランスや住宅の窓におすすめします。



HACCP対応

HACCPとは

HACCP(Hazard Analysis Critical Control Point)は、宇宙食の安全を確保するためにアメリカで考案された衛生管理手法です。
原材料の調達から食品が消費者に渡るまでの行程で起こりうる、生物的/化学的/物理的なあらゆる危害の可能性を予測して、その発生を防ぐために重要な管理点を監視するとともに、記録に残していきます。
これまで行われてきた最終製品の抜き取り検査と異なり、プロセス全体を管理することがこのシステムの大きな特徴です。
欧米諸国ではすでに法制化が進み、わが国でも食品衛生法の改正によりHACCP手法を用いた「総合衛生管理製造過程の承認制度」が定められています。


フードビジネスの衛星管理に

フードビジネスの品質管理上で常に課題となる異物混入対策…。なかでも対策に苦慮するのが室内照明に誘引されて侵入してくる昆虫の防虫対策ではないでしょうか。
ムシクリアー™ 防虫フィルムは、昆虫が誘引されやすい光の波長(主に紫外線領域)だけ を選択的にカットして防虫効果を高めながら、人の目には自然な光に見えるよう工夫をこらした製品です。
室内を黄色や緑黄色に染めないので、違和感のない作業環境が作れます。

食品工場/医薬品工場/製紙工場、フィルム工場/印刷工場、病院/高齢者福祉施設、宿泊施設などにもおすすめします。



テイクアウトの店舗チェーン
夜間の飛来昆虫対策に、販売ホールのガラス面にムシクリアー™ 防虫フィルムを施工。
昆虫の誘因となる光だけをカットします

昆虫は一般に光源に向かって進む「走光性」という習性を持ちます。
従来の窓用防虫フィルムや防虫蛍光管は、400nmを越える可視光線領域の光までもカットしているために黄色や緑色の強い着色性があり、ショーウィンドウやレストランなどには不適当でした。

ムシクリア™ 防虫フィルムと低誘虫・飛散防止蛍光管は、極めてシャープな光学フィルター特性を持ち、紫外線領域から380nmまでの光をカットして、400nmを越える可視光線領域は透過させます。
これにより、昆虫にとっては蛍光灯の明かりが見えにくくなるので飛来数が大幅に減少し、それでいて着色性がないので蛍光灯の昼光色はそのまま保ちます。

※防虫フィルムは、走光性のない昆虫には効果がありません。
また、環境によって防虫効果に違いがあります。防虫効果の確認にはサンプル施工をおすすめします。




ガラスフィルムはマックコーポレーション 有限会社マックコーポレーション
〒565-0861大阪府吹田市高野台2-1-B36-304
TEL:06-6105-8050 FAX:06-6105-8051
 

 

防虫に効果のあるガラスフィルム

IS2CLAR(ムシクリアー™)

あかりに寄せ付けられて飛来する虫を大幅に低減します。
虫が集まりやすい光の波長をシャープにカットして、人の可視光線には影響しないので、黄色味を感じさせない透明フィルムです。


RE80CLIS(透明タイプ)
RE18SIAR(省エネ効果の高いハーフミラータイプ)

透明防虫+飛散防止+陽射しの暑さをやわらげ、省エネ対策。


SH2CLX
(透明タイプ/外貼り)

ガラスの屋外側に貼れます。飛散防止にも。