貫通事故防止

人体衝突による貫通事故・傷害の防止

建築物のガラス開口部の大型化にともない、出入口や通行量の多い場所に面したガラス開口部で、人がガラスに衝突して受傷する事故が発生しています。このような場所にはガラスが割れても人体が貫通したり破片で傷ついたりしない安全対策が必要です

「スコッチティント™ ウィンドウフィルム スーパーレイヤー」は、人体衝突を想定した衝撃では破れず、ガラスが破損しても人体の貫通やガラス破片による重大事故を防止します。
学校、病院、高齢者施設などのガラスの安全対策にも効果的です。

衝突に対する安全設計方法は「ガラスを用いた開口部の安全設計指針」として建設省(現在の国土交通省)から通達されています。昭和61年5月31日「建設省住指発第116号」および「建設省住指発第117号」


台風・突風・爆風/飛来物対策

突然の強風や飛来物によって窓ガラスが破損した場合、衝撃によって室内の広い範囲に鋭いガラス片が飛散するため、人が受傷する危険があります。
また、ガラスが破損してしまった窓では吹き込む風雨を防げません。
アトリウムやトップライトは、窓以上に風や飛来物による破損・貫通防止対策が必要です。

当社の飛散防止フィルムと比べ、数十倍の引き裂き強度を持つ丈夫な「スコッチティント™ ウィンドウフィルム スーパーレイヤー」は、ガラスの貫通防止効果の高いフィルムです。


人がガラスに衝突した場合を想定し、45kgの重りをぶつけて衝撃を与える実験。 (重りの落下高さ:30cm)

飛散防止フィルムを貼っていない場合、ガラスが割れて重りが貫通し、鋭いガラス片が周囲に激しく飛び散った。
飛散防止フィルムを貼った場合は、ガラスが割れてもフィルムが重りを受け止めて貫通させず、細かいガラス片がわずかに落下しただけで、割れたガラスのほとんどはフィルムに貼り付いたまま飛散・落下しなかった。

ショットバック実験【JIS A 5759 A法】






ガラスフィルムはマックコーポレーション 有限会社マックコーポレーション
〒565-0861大阪府吹田市高野台2-1-B36-304
TEL:06-6105-8051 FAX:06-6105-8051
 

 

貫通事故防止フィルムのおすすめ

スーパーレイヤーシリーズ

薄膜ポリエステルフィルムを最大で40層も積層する〈薄膜積層〉構造により、強靭な引き裂き強度 と高い耐貫通性能を実現したフィルムです。
JIS A 5759で規定されている飛散防止性能(A法・B法)を満足する製品です。
日照
調整
S35NEAR400
S50NEAR400
透明
SCL150
SCLAR150
SCLAR400
SCLARL600
ULTRA600
ULTRA2200-A


貫通事故防止+αの機能をもつフィルムをお求めなら
ULTRA 2200-A
SH15CLAR-A
ガラス窓の防犯には、防犯建物部品対応のガラスフィルムがおすすめです。