注意事項
フィルムは慎重に取り扱ってください。
  フィルムは大変デリケートですので、作業中に地面に落とされたり、風の強い日に作業されたりすると、折りジワが付いたり、ゴミが入ったりします。ご注意下さい。
必ず2人で作業して下さい!
  1人での作業ではキレイに貼れません。必ず2人で作業してください。

フィルムを貼るための道具
霧吹き
水溶液を吹き付けるのに使います。
  中性洗剤(台所用洗剤)
水と混ぜて水溶液を作ります。
(アルカリ性・酸性のものはご使用になれません)
セロハンテープ
保護フィルムをはがすのに使います。
  ペーパータオル
ヘラに巻いて使います。
カッターナイフ
最終仕上げの時、余分なフィルムのカットに使います。
  巻尺
窓のサイズとフィルムサイズを計るのに使います。
ハサミ
フィルムのカットに使います。
  定規
カッターを当てて余分なフィル間やつなぎ目(重ね貼り)のカットに使います。
スキージー
フィルムの圧着・水抜きの道具です。

ホームセンターで販売しております。
     
1.水溶液を作ります
 500mlの水に中性洗剤5〜6滴入れます。
2.ガラス面をきれいにします
水溶液を吹き付けます。   スキージーで汚れを取り除きます。   窓枠はペーパータオルで汚れを取り除きます。    
※固く付着した汚れは、カッターナイフなどで削ぎ落とします。ガラス面を傷つけないようにご注意ください。
※防水および、汚れ防止の為に、床にシートや新聞紙等を敷いて作業してください。


3.フィルムをカットします
窓のサイズを測ります。   窓のサイズより1〜2cm大きくフィルムをカットします。
4.保護フィルムをはがしながら、水溶液を吹き付けます
セロハンテープを使って保護フィルムをはがします。   1人がフィルムを持ち、もう1人が保護フィルムをはがしながら、水溶液をまんべんなく、たっぷり吹き付けます。
5.ガラスに貼り付けます
ガラス面にも、水溶液をまんべんなく、たっぷりと吹き付けます。   2人でガラスとフィルムの位置を合わせながら貼り付けます。   フィルム表面に水溶液を吹き付けます。   1人はフィルムがずれないように上部を押さえ、もう1人はフィルムを軽く押さえながらスキージーを使い、ガラスとフィルムの隙間の水と空気を押し出しながら圧着します。スキージーは必ず中央から上下左右の端へ向かって少しずつ動かしてください。
6.仕上げにフィルムの余分な部分をカットして完成です
フィルムの余分な部分は定規をあてがってカッターナイフで切り取ります。   ペーパータオルを巻いたヘラでもう一度水溶液を押し出し、完全に圧着します。とくに端部は念入りに圧着します。  

貼り付けた直後は白く濁って見えますが、乾燥すると次第に消えていきます。乾燥に必要な時間は次の通りです。

春/秋:約1週間
秋/冬:約3週間



ガラスフィルムはマックコーポレーション
〒565-0861大阪府吹田市高野台2-1-B36-304
TEL:06-6105-8050 FAX:06-6105-8051